マツエクを長持ちさせるポイント

目元のおしゃれにはまつ毛が欠かせませんが、いくらまつ毛を育毛しても地まつ毛の長さには限界があります。そんな時、手軽にまつ毛をボリュームアップできるのがマツエクです。

今では最高級のセーブル毛を取り扱っているサロンも多く、付け放題カラーバリエーションも豊富で、まつ毛のデザインをいろいろ楽しめるようになりました。そこで、せっかく付けたマツエクを長持ちさせるためのポイントをご紹介します。

クレンジングを選ぶ際のポイント

クレンジングを選ぶ際のポイント

マツエクをしている場合、オイルが含まれるクレンジング剤を使用しないように気をつけましょう。

マツエクは、ご自身のまつ毛に専用のグルーでエクステを接着していきます。
このグルーは親油性でオイルと馴染みやすく、オイルを含むクレンジングだとグルーがオイルに溶けて、エクステが取れやすくなってしまいます。

このような時は、オイルカットのクレンジングを用いて、エクステにできるだけ触れないようにすることが大切です。メイクを落とす際は、コットンや綿棒をメイクの上に10秒程度おき、ゴシゴシ擦らず拭き取るようにオフしていきます。

まつ毛を乾かす

エクステやグルーは、水分に長時間さらすと剥がれやすくなるため、クレンジングや洗顔、入浴後などで濡れたまつ毛はしっかり乾かしましょう。また、タオルドライもクレンジングと同様、ゴシゴシ擦らず押さえるように水分を拭き取り、ドライヤーを使って素早く乾かします。

エクステは熱にあまり強くないため、熱風や温風を使うと弱ってしまう可能性があります。目はデリケートな部分なので冷風で乾かした方が安心です。また、施術後グルーが完全に乾燥するには時間がかかるため、持続性や安全性を保つためにも24時間は洗顔を控えることをおすすめします。

ブラッシングと美容液

ブラッシングと美容液

髪をブラッシングするように、まつ毛もブラッシングして整えましょう。
エクステで長くなったまつ毛は、いつも以上に絡まりやすくなりますし、寝ぐせのように向きがおかしくなることもあります。

美しい状態で長持ちさせるためにも、まつ毛専用の小さなコームを用意し、ブラッシングの習慣を付けておくと良いでしょう。また、まつ毛専用の美容液で毎日ケアすると、地まつ毛やエクステの持ちも変わってきます。

山形でマツエクサロンを利用する際は、山形市あこや町にあるリンクプラスビューティーへお越しください。高品質なセーブル毛を使い、カラーエクステでも追加料金は不要です。確かな技術力とカウンセリング力で皆様のキレイをサポートいたします。