RiMK de LiNK vol.7

― 女性の「美」の変化って気付きますか?

はい!すぐ気付く方ですし、それをちゃんと伝えますね~。実家がパーマ屋なんですけど、小さい時から母親の影響受けてて、なんかぱっと見たときに髪型やカラーが変わってたり、化粧変わってたりすると雰囲気で気付きます。一昨日も訪問先でおばあちゃんに「あ!髪切りましたね~」って言ったら喜んで下さってました。
身体の変化にも もちろんちゃんと気付きます。少しの変化が身体の信号になっている場合もあるので、色々な視点で変化を見て行かないとプロじゃないと思いますね。

 

 

― もともと肥満だったそうですが、どうやって痩せたんですか?

結婚するまでは大きかったですね。。。痩せる方法ですか?痩せるのは簡単ですよ!個人的な考えなんですけど「頭の中にインストール仕直す」といいですよ。デブはデブの思考でいるからデブの行動するんです。それを止めてしまえば、びっくりするくらい考え方が変わります。
「これ食べたら太るな~」とか思いながら食べてませんか?
きっかけは健康の方からだったんですけど、外に居る事が多かったので弁当とかあまり持ち歩けなくて、コンビニに行って買う事が多かったんですね。そこで食品添加物とか色々入ってる物にわざわざお金かけて買うのもどうなんだろ…って思って。で、結局のところ 自分はどのくらい食べればいいのかなって考えてみました。添加物をまるっきり排除するのは難しいので、上手に付き合っていかなきゃいけないと思います。接触頻度を減らすことを心掛けるだけでも違うと思いますね。僕の今の食事は1日1食です。ただ、何も食べないわけじゃないんです。訪問先でお茶請けとか頂く機会が多いので、それは有難くちゃんと頂きますよ。

 

― それで再インストールできるんですか?

はは(笑)できますよ。口先だけじゃなく、心にガツンと響いてる人であれば行動に移せると思います。
「なんでスリングヨガ始めたんですか?」という話にも繋がるんですが、健康に良さそうなものは全部自分で試してみるんです。スリングヨガ始める前は1人で逆立ちしてました。体質改善や疲労回復に効果的って知ってましたか?頭への血行を良くするだけでなく、頭を使っている筋肉とは違う筋肉が働くので、緊張していた筋肉を休ませることにもなります。そうすると血行がよくなり新鮮な酸素が補給され、老廃物が取り除かれて疲労が回復するんです。身体に良い事しかない逆立ちをみんなにも広めたい!健康になって欲しいって思ったんです。でも逆立ち出来ない人もいる…そんな時、テレビでスリングヨガを見て「これなら出来ない人でもみんな逆立ち出来る!!」って直感的に思いましたね。
健康的に痩せたいなら、まずは自分が今どのくらいの量を食べているのか調べてみるのが良いかもしれませんね。食事のバランスを見直せば1日に「なにを」「どれだけ」食べればいいのかが分かってくると思います。

 

 

― 初めからスリングヨガだったんですか?きっかけは?

以前は11年間理学療法士として総合病院に勤務していて4年前に独立したんですけど、生活習慣によって入院や手術を余儀なくされた方を多くみてきました。『もっと早いうちに気づいていたら防げたのに。』この思いが今のmiziziを始めようと思ったきっかけです。不調が出てから身体に目を向けるよりも、不調が出ない身体つくりの方が簡単で楽です。
最初は銅町にスタジオ構えてて、絶対見つけてもらえない所でコソっとしてたんですけど、2年前に今の馬見ヶ崎にスタジオ移転してきました。今はインストラクターが4人います。僕はスリングヨガしか教えられないけど、経験豊富なインストラクターが沢山いるので何でも相談してみてくださいね。

 

― スリングヨガのスリングの部分て何キロまで体重大丈夫ですか?

よく聞かれる質問なんですけど300㎏までは全然余裕で耐えられます。なんなら相撲取りの人でも大丈夫です(笑)爪とかチャックとかで引っかかると伝線して破けちゃう…なんてこともあるみたいですけどね。ブチッと切れて落ちた人はいないので安心してください!

 

 

― ココロが戻る場所は?

自然ですね。知ってますか?人って自然から離れれば離れるほど病気に近づくんだそうです。だから良くデスクの脇に観葉植物を置いたりとか、週末に山登りしたりとか、趣味で家庭菜園してたりとか。言葉に出さないけど「なにか自然が足りない…」って皆思ってるんですよ。自然を欲してるんですよね。だから、自然に帰るのは本当大事ですよ。
でも気を付けて欲しいのは、見てる自然と接触する自然は違うってことです。接触が大事なんです。ぜひ自然の中で裸足になってみてください。何も難しいことはしません。ただ靴下を脱いで靴を脱いで自然の中で立つだけです。

 

―  裸足になればいいだけ…なんですか?

はい。「アーシング」という健康法があるんですよ。
人間の身体は、元々電気を通すようにできています。体が水分で出来ているので、体内の電気も地面に触れることによって流れていくんです。でも今の生活では地面に触れる事すら難しい事なのかも知れません。高くそびえるコンクリートの建物や合成繊維のカーペット、電気を通さないゴム靴を履いて遮断してしまってるんですね。そうやって溜まってしまった電気をアーシングで放出し、自然のエネルギーに触れるというとても良い流れが出来上がります。外に出て太陽光を浴びると同じようなことです。

 

↓miziziの外遊び企画♪自然の中で笑うのが1番の健康!!「Beer yoga」もちろんアーシングしてます。

 

― 行ってみたい場所はありますか?

ハワイに行ってみたいですね。海外には何回か行った事あるんです。オーストラリアとシンガポール…ぐらいしか行ったことないんですが。将来の野望…というか将来的には海外に出店したいですね!こういうのって宣言しておいた方がいいですよね?(笑)
なにか勝算があるとかではなく、貧乏でもいいからチャレンジしに行きたいですね。お金が十分溜まったら…とか、ココだったら住める…とか判断がついてから行くのではなくて、行ってみないと分からないと思うんですよね。とにかくチャレンジしたいです!!「なに夢ばっか語ってんだバカヤロー」なんて周りからは言われてしまうかも知れません。でも夢って誰かに語ることから始まると思うんですよ。言葉だけで終わらせないように頑張っていきます。

 

 

― 普段のお仕事について教えてください♪

主にスリングヨガのインストラクターとあとは整体と理学療法士として施設に行って仕事したりしてます。あと最近は、有難いことに講師で呼ばれる事も増えましたね。
訪問看護事業も立ち上げたので理学療法士として働くところと、インストラクターとして働くところと分かれますね。
「癒しと健康の伝道師」なんてこの前書いていただきました。個人的に入り口はなんでもいいと思ってるんです。そこから健康に向かって行けば。

 

 

― 魅力的に感じる方・尊敬する方は?

男女問わずにチャレンジしてる人・常に挑戦してる人は魅力的に感じますし尊敬します。当たり前に当たり前の事をこなすだけじゃなくて、+α自分に課題を課してる人はかっこいいと思います。何かを成し遂げようとすれば必ず困難が伴うし、その困難に立ち向かい続けることなく、何かを成し遂げることは出来ません。自分の力を信じて立ち向かって行く。そういう姿を身近でみたり、刺激をもらってるので環境的には本当に有難いですね。

 

 

Body care salon mizizi
■Facebook:Body care salon mizizi

■Facebook:奥山 哲

■ameblo:https://ameblo.jp/jagaramogara20/

■HP:https://mizizi-gym.business.site/

 

 

■RUN伴(とも) × 山形2018
認知症になっても安心して暮らせる地域づくりをめざして、認知症の人もそうでない人も、みんなでタスキを繋いで日本を縦断するプロジェクトです!今年のエントリー募集は終わっちゃいましたが、沿道での応援など出来る事は沢山あるので皆で楽しみましょう♪
RUN伴 HP:http://runtomo.org/

 

 

― ポジティブで居るには?

シンプルかも知れませんがいつも元気で居る事ですかね。でも気持ちが下がるときだってあります。上がったり下がったりですね。
対処法なんてありません「やるしかない」んです。辛い時に近くにいる仕事なので、僕の発言がネガティブだったり表情が暗かったりしたら、相手に不安しか与えない存在になってしまいますよね。いつか僕の存在自体で人を癒せるようになれたらなぁ~って思います。

 

 

例えば患者さんって、病院に来た時点で何らかの病気にかかってて体も心もボロボロな状態なんですよ。身体が病んでるから心も病んできてしまって…。どこか痛い時に「元気になれよ」って言われても無理な話ですよね。だからこそ、1人でも多くの人に健康になれるきっかけをつくりたい!そして少しでも多くの選択肢を増やすお手伝いが出来ればと思ってます。数少ない中から「コレ」しか選べない状況よりも、数多くの選択肢の中から「コレ」を選べるような。。。
今、みんな健康について思っていることって、健康食品やサプリメント・エクササイズマシーンを買ったりとかそういう事だと思うんですが、そういった事は別に必要じゃないんです。今やってる事の中で健康に良くない物を引いていけばいいだけ。余計な事を引いていって体がどう変わってくるかを感じてもらえれば、すぐ健康になれますよ!身体と向き合えば向き合うだけ素直に変わってくると思います。身体は正直ですよ。

 

 

 

 

 

 

 



第7回目のインタビューはBody care salon mizizi代表の奥山哲さんにお会いしてきました。山形市で整体とヨガのインストラクターをしていらっしゃいます。インタビューしたこの日も酷暑で38度は越えてましたが、終わり次第 走りに行くとの事。3日に1回は10㎞走るんだそうです。それを聞いた時はただビックリしましたが、きっと毎日の一つひとつの小さな積み重ね、日々の一つひとつの行動が重要なんだと後から感じました。

 

小さいことを積み重ねるのが とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。 (イチロー)

 

 

言葉の趣旨とはずれてしまうかもしれませんが ”目標は大きく、行動は小さく” を意識することが大切なのでないかと感じました。大きな目標は気分を高揚させますが、いきなり大きな行動を始めようとすると、いろいろと乗り越えなければならないハードルがあり、行動できないまま、月日だけがすぎてしまうことがあります。
すぐに行動できるよう できる限り、「行動」は小さく分解することが大切だと思います。動き出さなければ、何も始まらない。ただ、目標と日々の行動との間のギャップが大きければ大きいほど ”いつまでもたどり着くことはできないのではないか” と感じることもあるのも事実です。そう感じると、日々の行動を続けることが難しくなります。

やっぱり日々の行動を積み重ねた結果として、何らかの成長を感じることができるような仕組みを用意しておくことが大切だと思います。テストのような客観的に評価できる仕組みがあると良いですが、そういった仕組みがない場合には、毎日、毎週、毎月の振り返りをするだけでも、自分の成長を感じることができるのではないか… と思います。

 

今回は馬見ヶ崎にあるスターバックスのテラスにてお話をお伺いしました。道路向かいにミジジさんがあります!奥山さん、とても貴重なお時間をありがとうございました^^

Interviewer : 鈴木美佳